車を一括査定するメリットは?

車を一括査定するメリットは?

車を売ろうと思った時に、選択肢は二つあります。

 

一つは新しい車を購入する販売店やディーラーで下取りをしてもらうことと、専門店に買い取りしてもらうことです。近頃では下取りよりも買い取りの方が高額になるケースが多いため、現在の車を買い取りに出して、新規に販売店などで購入する人が増えているといいます。

 

買い取りに出す際には、一括査定を行って価格を調べておくと便利です。一括査定はネットなどで行うことができ、大手チェーンの場合でも近くの店舗が対応してくれるため安心です。一括査定を行うと、同じ車でも買い取りをする店によって価格が全く違うことがありますが、これは中古車オークションの価格に対応している買い取り店や、大手ならではのネットワークによって販売網が築かれているため、オークションなどとは別に価格を設定しているケースがあるためです。大手チェーンの方が高額で買い取りしてもらえるというケースも多いと言われています。

 

しかし、一括査定で出される金額はあくまで目安です。実際の車の状態や社外パーツの状態によってはその価格が変動する可能性も少なくありません。そのため、一括査定の価格だけを鵜呑みにしないようにしましょう。

 

また近くの個人で買い取りを行っているような小さな店舗が高額の買い取り価格を出してくれることもあります。一括査定と同時に自分のいける範囲で査定を行ってもらうことも、高額で車を売却する一つの手段ではあります。

 

一括査定のメリットとしては、家に居ながらにして愛車の買取相場を知ることができ、複数の買取店から見積もりを比較出来るという点にあります。一括査定を利用しなければ、近所の買取店を自分の足でまわって査定しなくてはいけません。これは非常に手間がかかり面倒なことです。効率的ではありません。一括査定を利用すれば、買取店が指定した時間に自宅まで査定しにきてくれるので時間節約にもなりますし、複数の買取店が競争するので買取額もぐんとアップします。

 

一方、デメリットとしては、買取店からの電話がかかってくることです。自社で買取をして欲しいがために必死で営業をかけてくるでしょう。ユーザーは冷静になって、買取店とやり取りをすることが求められます。といっても、難しいことはなく、電話がかかってきた3社か4社にアポをとって指定日に来てもらうだけです。5社以上の査定ももちろん有効ですが、対応が大変なこともありますので、まずは少なめにして様子を見ると良いでしょう。

 

いずれにしても、デメリットはほとんどデメリットとはいえず、査定をお願いするのであればあたりまえのことですので特に問題はないでしょう。あまりにしつこい営業電話が来たら、もう他の買取店に売ったと言えばピタリとやみます。